F1の日程に合わせて海外で観戦【ツアーの魅力を知ろう】

F1観戦はツアーが便利~事前に日程や体験談などを確認しよう~

ツアーに参加するメリット

F1観戦ツアーに参加する最大のメリットは、手間がかからない事です。個人で観戦するとなるとチケットや宿、交通機関の手配が必要になります。F1はアイドルのコンサートと同じくらい人気なのでチケット倍率が高いです。ツアーに一任してしまえばこの手間を無くせますし、快適な観戦が可能になります。観戦日程を事前にチェックしておきましょう。

WECとF1の違い

車が違う

F1マシンはフォーミュラカーと呼ばれ、タイヤにカウルが付いておらず、ドライバーが中央に乗車する事が特徴です。一方WECに参戦する車両は、プロトタイプカーとツーリングカーの2種です。プロトタイプカーは速さを追求した地上最速の車両で、メーカーがオリジナルに開発した車両です。ツーリングカーは市販車をベースに、レース専用に開発されたマシンです。

走る距離と時間が違う

F1はどのサーキットにおいても約300km走り、ゴールとなります。一方WECは距離ではなく時間で競います。WECの「E」は耐久を意味しており、6時間レースが基本となります。規定時間内にどれだけ長い距離を走れるかで順位が決まるのです。シリーズ内には最長24時間のレースも組み込まれています。

F1の日程に合わせて海外で観戦【ツアーの魅力を知ろう】

観客

サーキットで観戦する際に守りたいマナー

観戦マナーとしてゴミは所定のゴミ箱に捨てましょう。立ち話をしていると、他の観客の視界を遮りレースが観れなくなります。ささっと行動しましょう。また写真撮影の際、望遠レンズがサーキット内に入ると、タイヤカスが直撃したり、進行の妨げとなったりしますので注意しましょう。ピットウォークは人でごった返しているので、順番待ちや、押問答に注意しましょう。

男女

サーキット観戦時にあると役立つアイテム

サーキットは広大なため、状況判断や好きなチームを探すのに一苦労します。双眼鏡があればより快適なレース観戦が可能です。またストップウォッチがあれば、ピットストップの時間を計測出来るので臨場感が沸きます。上着は必ず持っていきましょう。サーキットは思いのほか風通しが良く、日が陰るととても寒くなります。風邪を引かないよう注意してください。

観客

現地ならではの楽しみ方とは

サーキット周辺には見どころがたくさんあります。鈴鹿サーキットには遊園地があります。ヨーロッパなど海外での開催となれば周辺地域の観光も楽しみの一つですね。市街地での開催となれば、レース前後にコースを散歩することが出来ますね。F1マシンが300km/h以上で駆け抜けた同じ道を走れるのは、貴重な経験となるでしょう。

F1観戦ツアーに参加した人の声

フォーミュラカー

F1観戦のツアーパックは自分にあったものを

私の場合はF1観戦がメインのため弾丸ではありませんが、現地滞在は3日間のツアーを予約しました。弾丸は帰ってから仕事に影響が出ると思ったので、理解ある職場や自営業の方などは休みをきちんと取って、スケジュールに余裕のあるツアーを選ぶべきだと思いますよ。

満喫できました

弾丸ツアーだったので体力的には非常に疲れましたが、F1の日程には無事に間に合って特等席ともいえるような長めのいい席で観戦できたのはいい思い出です。今度はゆっくり観光できるような日程で行ってみたいですね。

F1観戦ツアーに参加しました

F1カナダグランプリを観戦するため6日間の日程でツアーに参加しました。ドライバーがコースの下見をしたり、ピット周辺をうろついている姿はテレビでは見れないので貴重です。F1スターや有名なメカニックを見ることができたので、F1マニアにはたまらない時間を過ごすことができました。

初めてのF1観戦にいきました。

私は第6戦のモナコGPの観戦に行ってきました。選手たちは、厳しい日程の中試合に合わせて完璧なコンディションで臨んでいて、迫力満点なハンドルさばきでした。F1特有の車のエンジン音が生で聞けて大変興奮しました。

広告募集中